沿革
元号ゲンゴウ 西暦セイレキ 内容ナイヨウ
明治メイジ30ネン 1897ネン 矢田松平が父嘉平の後を継ぎ、ツム(綿花メンカからイトツムぐ)の生産セイサンハジめる
明治メイジ33ネン07ガツ 1900ネン 矢田ヤタマツヘイ商店ショウテン創設ソウセツする
昭和ショウワ30ネン03ガツ 1955ネン 株式カブシキ会社カイシャ 矢田ヤタ製作所セイサクショ改組カイソ
昭和ショウワ32ネン04ガツ 1957ネン 徳島県トクシマケン吉野ヨシノガワ川島町カワシマチョウ児島コジマ工場コウジョウ移転イテン
昭和ショウワ35ネン10ガツ 1960ネン 光洋コウヨウ精工セイコウ(カブ)徳島工場トクシマコウジョウ取引トリヒキ開始カイシ
平成ヘイセイ15ネン09ガツ 2003ネン 村田ムラタ機械キカイ(カブ)加賀工場カガコウジョウ取引トリヒキ開始カイシ
平成16ネン03ガツ 2004ネン ISO9001:2000認証ニンショウ取得シュトク


補足ホソク説明セツメイ
明治メイジ29ネン矢田ヤタマツヘイが19サイ(現在ゲンザイマン18サイ)でチチ嘉平カヘイ家業カギョウであったツムツクりを引継ヒキツぎ、製造セイゾウ販売ハンバイ
ノチ大阪オオサカ金物カナモノ問屋ドンヤツウ九州キュウシュウオヨ中国チュウゴク地方チホウ(鳥取トットリケンハクチョウ方面ホウメン)へ販売ハンバイし、戦前は岐阜・愛知(一宮)方面へも
販売していた。(昭和初期)ナオ上記ジョウキオモ大正タイショウ中期チュウキマデ綿花メンカよりイトツムゾクにビンビンツムツクっていた。
それを基礎キソとして大正タイショウ初期ショキより絹糸ケンシりをける八丁ハッチョウシキ長谷ハセシキなど絹織物キヌオリモノツクオモリ生産セイサンすることになり、
戦後は化学繊維の撚糸スピンドル製作になる。
ナオ昭和ショウワ30ネンガツより法人ホウジン組織ソシキとなり株式カブシキ会社カイシャ矢田ヤタ製作所セイサクショとしてベアリングセンサク加工カコウをし光洋コウヨウ精工セイコウ納品ノウヒンする。
また昭和ショウワ47ネンから平成ヘイセイネンまでのアイダ川島カワシマ税務署ゼイムショから優良ユウリョウ申告シンコク法人ホウジン表敬ヒョウケイけた。

補足ホソク説明セツメイ
@撚糸ネンシ構造コウゾウジョウ変化ヘンカトモ使用シヨウするスピンドルも変化ヘンカしてきた。撚糸ネンシ種類シュルイとしては、上記ジョウキのようなものがり、
当社はその回転体のスピンドルを製造して来た。
A繊維センイ製品セイヒン上流ジョウリュウ中流チュウリュウ下流カリュウけてみると、イト製造セイゾウ上流ジョウリュウイト加工カコウ生地キジ製造セイゾウ縫製ホウセイ中流チュウリュウ製品セイヒン流通リュウツウ下流カリュウけることができる。
撚糸ネンシ工程コウテイ中流チュウリュウ部門ブモン最初サイショ位置イチする工程コウテイである。上流ジョウリュウ製造セイゾウされた原糸ゲンシきそろえてりを工程コウテイ織機ショッキヘンへの工程コウテイウツる。
なぜ撚糸ネンシ工程コウテイ必要ヒツヨウかとうと原糸ゲンシそのものはとてもホソくてそのままではイトとして使ツカコト出来デキない。撚糸ネンシゴウをするコトにより性質セイシツ
ったイト(伸縮性シンシュクセイ弾力性ダンリョクセイ縫合ホウゴウセイ保温ホオン効果コウカ強度キョウドのあるイト撥水ハッスイセイナド機能キノウのあるイト)が加工カコウできる。
そうして加工カコウされたイトフクやファッションにカギらず、カーシートやエアバッグ・シートベルトナド産業サンギョウ資材シザイ(自動ジドウシャナド)、テント、ハンググライダー、
ウィンドサーフィン等レジャーの世界セカイアルいは航空機コウクウキ医療イリョウ現場ゲンバナドでも利用リヨウされている。
B国内コクナイ撚糸ネンシ業者ギョウシャ石川イシカワ福井フクイ富山トヤマサカんで、北陸ホクリク産地サンチともばれている。

戻る